グループウェアでオフィス業務の効率アップ

企業内のコンピュータネットワークを活用して社員同士で様々な情報を共有することができるグループウェアは日本の中小企業の多くが導入したいと考えているシステムソフトウェアです。

グループウェアを導入することによって多くのメリットを得ることができます。

グループウェアの導入以前であれば社員全員に知らせなければならない情報はわざわざ紙に印刷して回覧させたり、掲示板にそれらの紙を貼るなどして情報発信をしなければなりませんでしたが、この方法では全ての社員に情報が伝わっているのかも不確実で時間がかかりました。



しかし、グループウェアを活用すれば情報を素早くひとりひとりの社員に確実に行き渡らせることができます。

All About情報選びをサポートするサイトです。

また、電子掲示板には情報を受け取った側の人からの意見も書き込むことができるので社員同士のコミュニケーションを簡単に向上させるという利点もあります。

そして、顧客情報を社員同士で共有することができるため、営業マンは出先からでもインターネットを通じて最新の顧客情報を入手することが可能になり、営業の効率を大幅にアップさせることができます。

それに加え、ネットワーク上で会議を行うことも可能になるので、会議における決裁権を持っている上司が出張などで出社していなかったとしても決裁に関する書類の処理を待たなければならないということも不要になるのです。

つまり、グループウェアを導入することによって業務効率を飛躍的にアップさせることも可能になるのです。

ただし、コンピュータネットワーク上で社内や顧客などの多くの情報を共有するということは情報漏えいや不正アクセスに気をつけなければなりません。



そのためより厳しいセキュリティ対策も必要となります。