グループウェア導入の利点

グループウェアとは文字通りグループでの活動を支援する機能をまとめたソフトウェアです。

一昔前まではサーバ・クライアント型のアプリでこうした機能は実装されていましたが、最近ではイントラネット上やクラウド上でのWebアプリとして実装されます。

グループウェア上で提供される機能は、例えばユーザ管理、スケジュール管理、ショートメール、掲示板、施設管理、稟議書回覧など、そのグループウェアが標準で装備する機能からオプションで提供される機能まで様々なものです。

NAVERまとめ全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。

グループウェア導入のメリットとしては、Webをインターフェースとして提供されているソフトウェアの場合、URL(Webページにアクセスするためのアドレス)をWebブラウザに入力するだけで誰でもアクセスできることにあります。



そのため個々の端末にソフトウェアをインストールすることなく利用できます。



URLを指定すると誰でも利用することができますが、通常はユーザ管理機能を通して利用者を制限して運用します。

また、ユーザ管理機能では所属、役職などの設定も通常求められますので、組織内の部署をグループ化してデータの共有管理をすることが可能となります。グループウェアにショートメールの機能がある場合、メールはWebサーバのアプリケーション内で管理されるため、送付したメール本文を受信者の既読・未読、既読タイミングなどE-mailでは確認することができない情報も知ることができるため非常に有効なツールといえます。